uoz 作業日記

様々な作業の記録を共有するブログです。

Ubuntu 18.04 ディスプレイスケーリング

4Kディスプレイなどに。

gsettings set org.gnome.desktop.interface text-scaling-factor 1.5

数字は自由に変えてください。

参考
https://askubuntu.com/questions/1029436/enable-fractional-scaling-for-ubuntu-18-04

Rubymine / Intellij Idea でruby 2.5.0がデバッグできなくなった

Rails5.2の話

ブレークポイントで止まらなくなった

bootsnapとかいうやつのせいらしい



config/boot.rbの一部をこんな風にして、デバッグ時の環境変数にDEBUG_MODE = trueをいれたら動いた

require 'bootsnap/setup' unless ENV['DEBUG_MODE']

参考

Rubymine breakpoints no longer working after upgrading Ruby to 2.5.0 · Issue #139 · ruby-debug/ruby-debug-ide · GitHub

https://youtrack.jetbrains.com/issue/RUBY-20684

他にも解決方法があるらしいけど...

Evernoteのノートリンク

私はEvernoteユーザで、ノート間のリンク機能をよく使う。
公開用のURLではなく、アプリ内で移動できるリンクだ。
この機能、Win,Mac,iOSの各アプリで、違う名前になっていて分かりにくい!
統一してくれ!

Windows

内部リンク

MacOS

ノートリンク

f:id:uoz:20180523115927p:plain

iOS

非公開リンク

厳密には、これは上のと違う機能で、特定の人しかアクセスできない公開URLの取得にも使えるかもしれない

f:id:uoz:20180523100820p:plain


エバーノートのヘルプにもそう書いてある
help.evernote.com


あと、コード欄や区切り線をつくるキーボードショートカットもwinとmacで違う!
これもやめてほしい。

ACアダプタ for Macbook pro retina 13inch

要求

Macbook pro retina 13inchの持ち運び用に、軽いACアダプタが欲しかった。
純正より軽いのがよい。
USB type-C PD対応で、できればUSB Aの穴も開いていてほしい。

買いました

IPA-C02」です。
4,000円ほどで買えました。
macbookにさしていますが、問題なく充電できています。

f:id:uoz:20180516160137j:plain



買った理由

  • ヨドバシ新宿西口本店で売っていた
  • パッケージ持った瞬間軽いと感じた
  • 黒いやつがあった
  • USB Aの端子も2つついている

裏返すと「株式会社ミヨシ」と書いてある。

Type-C出力は、5V-3A, 9V-3A, 15V-3A ~ 20V-2.25Aらしい

USBのAとCは同時には使えないらしい。

他に検討したの

いい感じだけど、ヨドバシで売ってなかったので。


これもよさそうだが、重いというレビューがあったから

Apple 29W USB-C 電源アダプタ MJ262J/A

Apple 29W USB-C 電源アダプタ MJ262J/A

macbook用のやつ。まあまあ軽いので。
でもなんか負けた気がするのでやめた。

最近思うこと

Amazonもヨドバシもすぐに配達してくれるが、
とにかく待つのが嫌いなので、
実店舗に在庫があってそれを急いで買いに行けるのが、
気持ちとしては一番はやい(?)。
上記のAnker製品などを買わなかったのはそれもある。

オンラインで心理学実験したくて調べた

PsychoPy

Pythonで心理学実験を作ることのできる有名ツール。

作った実験をHTML+JavaScriptにエクスポートできる機能が実装途中(2017年2月27日現在、バージョン1.85.6 の話)

http://www.psychopy.org/

GUIだけで実験を作成できるBuilderがあるのが特徴。

JsPych

JavaScriptで実験を作るツール。 JSを実際に書かないといけないけど、難しくはない。

後述のpiiTurk向けに実験を変換できるらしい。

http://www.jspsych.org/

psiTurk

Amazon mechanical turkと連携して、実験を公開したりマーケットプレイスみたいなところで公開したりできるプラットフォーム。

psiTurk: crowdsource your research

これは下の心理学ポータルにも載っていなかった。

参考

ツール - 心ポ(心理学ポータル) - アットウィキ

"avbin.dll failed to load" with PsychoPy

Solution

Replace "from pyglet.media import avbin" to "from pyglet.media.sources import avbin" in psychopy/visual/window.py.

日本語

psychopy/visual/window.pyの from pyglet.media import avbin を from pyglet.media.sources import avbin に書き換えればとりあえず動きます。

My PsychoPy and the environment

  • Windows 10 Fall Creators Update
  • PsychoPy 1.85.6 Standalone

I downloaded StandalonePsychoPy-1.85.6-win32.exe from https://github.com/psychopy/psychopy/releases and installed it.

Error: "Avbin.dll fail to load"

I created a simple stimuli following this japanese tutorial.

2. 刺激の位置や提示時間の指定方法を覚えよう — PsychoPy Builderで作る心理学実験 2.1 ドキュメント

f:id:uoz:20180223141846p:plain

The stimuli was shown, but after the stimuli window closed, an error was shown.

f:id:uoz:20180223141836p:plain

I did not use any image or video stimulus.

This problem has been discussed in official github issues, but will not be fixed. Windows fails to load avbin.dll · Issue #693 · psychopy/psychopy · GitHub

Debugging

I compiled my .pysexp file to .py, and debug step by step.

I found that the error was occurred when pyglet.media.avbin module isimported in line 35 of /Lib/site-packages/psychopy/visual/window.py

from pyglet.media import avbin I searched the module pyglet.media.avbin, and it was not found. I found "pyglet.media.sources.avbin" instead.

I assume that "pyglet.media.avbin" is depend on old package structure. In Standalone PychoPy 1.85.6, Installed pyglet was version 1.3, and avbin.py is located in "pyglet/media/sources/", not in "pyglet/media/"

avbin.py of pyglet 1.3 https://bitbucket.org/pyglet/pyglet/src/ab98c6b7478422acbf9b893f01c0e7778bc1ad9d/pyglet/media/sources/avbin.py?at=pyglet-1.3-maintenance&fileviewer=file-view-default

However, avbin.py is located in "pyglet/media/" in pyglet 1.1 and pyglet 1.2

avbin.py of pyglet 1.2 https://bitbucket.org/pyglet/pyglet/src/f41e4749e69adac0af5bf03b67238d0ca94bbf4a/pyglet/media/avbin.py?at=pyglet-1.2-maintenance&fileviewer=file-view-default

Solution

I replace "from pyglet.media import avbin" to "from pyglet.media.sources import avbin" in psychopy/visual/window.py. f:id:uoz:20180223144227p:plain

I do not know if this fix is ​​appropriate or not, but it works well.

f:id:uoz:20180223143638p:plain

Merged!

My first pull request for OSS was merged!!

Merge pull request #1744 from uozias/master · psychopy/psychopy@5bdf5ba · GitHub

macでFallout4やりたきゃホームストリーミングって手も

表題のとおりですが、Steamのホームストリーミング機能を使えば、MacでもFallout4ができます。
別のPCで動かしたFallout4の画面・音声をmacにとばし、macのキーボードやコントローラの入力を別のPCにとばすという方式、遠隔リモートプレイです。

ただし、この方法には同じネットワークにつながっているWindowsPCが必要です...
つまり、出先でスマホで家のPCにつないでストリーミングすることは無理なようです。

試してみる

無線LANのスピードはこんなもん
f:id:uoz:20180205091256p:plain

WindowsPCと、macで両方とも、steamアプリを起動します。

すると、macの方のライブラリの欄にFallout4がでてきます。

f:id:uoz:20180205091359p:plain

選択して「ストリーミング」で起動します。


f:id:uoz:20180205092735p:plain

コントローラ

Xbox系のコントローラが好きなのでつなでいます。
xbox360xbox oneのコントローラはUSB type-Aでつなげますが、私のmacbook pro late 2016にはtype-cの端子しかありません。

なので、この辺の小さな変換アダプタでつないでいます。


f:id:uoz:20180205092742p:plain


つないだだけだと認識されないので、下記のドライバをいれたら動きました。
Releases · 360Controller/360Controller · GitHub


参考
Xbox One コントローラをmac上のSteamで使う